カテゴリー
  • カテゴリーなし

イギリス発祥の言語

英語とは主にイギリスとアメリカ合衆国で公用語として使用されている言語であるが、今や世界で最も多くの国で使用されるいわば世界共通語になっている。
これには20世紀の間に国際社会の中で急激に地位を高めたアメリカ合衆国の建国が主にイギリス系の移民によってなされたこと、20世紀中盤までのイギリスの植民地政策によりインドをはじめ様々な国で英語を使用するようになったことによる。
なお名称は中国語でイギリスを意味する「英吉利」に由来している。

・歴史

英語の歴史は1500以上前にまでさかのぼることが可能である。この頃に今の原型になる言葉を話すアングロ・サクソン人が今のグレートブリテン島に侵入し、その後新たに侵入してきたデーン人の話していた言語の影響受け変化した。
当時話されていた言葉は古英語と呼ばれ、非常に複雑なものであったが、11世紀に起こったフランスによる侵略と支配によりフランス後の語の影響をうけ徐々に簡素化されていった。
そしてフランスの支配がとけたのち、さらなる簡素化をとげ、その後印刷機の発展により標準語の必要性が高まり、当時ロンドンで話されていたものが一般的にとなり現在は使用されているものの原型が整った。
その後、アメリカ合衆国の建国や植民地政策により世界中に広がっていったのである。

・種類

英語には大きく分けてイギリスで話されているもの、アメリカ合衆国で話されているものの二つが存在する。
これらはもとは同じであった言語が、それぞれの国の状況の応じて変化していったためである。
二つの違いはスペリング・発音・文法・単語など多岐にわたる。有名な例を挙げるとイギリスではビルの二階に相当する単語がアメリカでは一階に相当する。
近年では世界共通化を意図し、グロービッシュと呼ばれるものも存在し、特に英語を母国語としない者向けのビジネスツールとして注目されているが、ネイティブには通じないとの指摘も存在する。

現在では日本国内でも、ビジネスツールとして英会話の習得が必須となっている傾向にある。
世界の先進国の中でも特に、日本は英会話への苦手意識が強いと言われている。
これは、ネイテイブスピーカーとの英会話に触れる機会が極端に少ないの事が、原因の1つとされている。

英会話習得の要となるのは、リスニング力である。
そこで、近年話題となっているのが、スピードラーニングなどのリスニング教材である。
スピードラーニングは、毎日聞き流すだけで自然とリスニング力を向上させる事の出来る英語教材だ。
著名なスポーツ選手や芸能人もスピードラーニングを愛用している事から、話題になった。
普段、ネイテイブスピーカーと会話する機会の少ない人達にとって、スピードラーニングは非常に有効なツールだと言える。

OUT LINK

オンライン英会話を受講するならこちら!|イーフレンド
スピードラーニングで気軽に英語を身につけよう:エスプリクラブオンライン
英才教育を考えるならこちらの子供英会話を受けよう|aim
TOEICの得点を上げるなら横浜の|LEC
心斎橋エリアの英会話教室なら、ぜひこちらをご覧ください!;エイム

カレンダー
2014年10月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031